2012年02月09日


両方だとややこしい(汗)

ヨガ教室に行ったの、久し振りのような気がします(汗)。


こんな時こそ、しっかりと体を動かして、
集中せねば。



ということで、1つ1つのアーサナをこなしていきました。


様々なアーサナのうち、比較的やりやすいことと、
とことんやりにくいことがあります。

まぁ、先生の通りには出来なくても、自分なりに
動いていけばいいやと開き直って、とりあえず
それっぽくなるようには努力しています(笑)。


そして、今日、初めてやったことで、こんなに難しいのかと
驚かされたことがありました。



2つの動作を同時に行うだけ。

1つずつなら、そんなに難しくはないのに。。。



その2つの動作とはですね。




1つはカパラバティ。

1つは指の運動。



まず、「カパラバティ」ですが、ヨガの呼吸法の1つです。

お腹を膨らませる時に息を吸い、お腹を勢いよくへこませると同時に
息を吐きます。
その繰り返し。


そして、「指の運動」は、手をグーの形とパーの形を繰り返すだけ。
グーの時、親指を中に入れたら、次のグーの時には、親指を外に出し、
その次のグーでは親指を中に・・・、を繰り返します。


この2つを同時にしようとしたら、全然呼吸と手が合わないんです。

息を吐く時、手はグー、息を吸う時、手はパー。



それだけなのに、それだけなのに。

カパラバティだけならそれなりに出来るのに。
手をグーパーするのも一応出来るのに。

同時にすると、何故にこんなにややこしいの(涙)?



何か、悔しい。



合間を見て出来るように練習しなきゃな、と思うのでした。
体の固さは関係ないから、練習すれば何とかなるかも、と
密かに希望を抱いております(笑)。



posted by zeroco at 2012/02/09 23:29:12 | Comment(0) | ヨガ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。