2011年09月25日


でかっ(驚)

昨日、CDを探しに、レコードショップに行って参りました。

目的の所だけではなく、あっちにふらふら、こっちにふらふら、と
心惹かれるCDがたくさんあって、お金と置き場所があれば
あれもこれも買って帰りたいっていう衝動に
かられました(苦笑)。


そんな中、かなりの衝撃を受けたのがこちら。






リスト ピアノ作品全集 レスリー・ハワード

今年生誕200年を迎えたピアニスト、フランツ・リストの
ピアノ作品が入ったボックスです。

CD枚数、なんと。



99枚。



あまりのデカさに、存在感あり過ぎです(笑)。

残念ながら、輸入版のため、ボックスに書かれている文字が
ほとんど解読出来ず(涙)。


リストってこんなにたくさんピアノ曲書いてたっけ?


オリジナルのピアノ曲もそれなりにありますが、
リストの場合、交響曲や管弦楽曲をピアノ独奏用に
編曲したものが多いんですね。
(ベートーヴェンの「運命」や「第九」など)

それで、あんなにボリュームが膨らんだんですね。。。

いやー、びっくりしました、正直。

クラシック音楽のCDボックスの場合、確かに
えぇっていうくらい大きいものを見かけることが
時々ありますが、99枚はすごすぎです。

これ、全部聴こうと思ったら、1枚1時間として
99時間。
不眠不休で4日強。
1日に1枚聴くとしたら、3ヶ月強。


何か、言葉が見つかりませんね。。。。。


実物見た時、本当にびっくりしました。

【送料無料】輸入盤CD スペシャルプライスLiszt リスト / ピアノ作品全集 レスリー・ハワード...




posted by zeroco at 2011/09/25 23:38:57 | Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。