2011年02月20日


弦楽が増えてきたなぁ

「クラシック音楽で一番好きなジャンルは?」


こんな風に聞かれたら、間違いなくこう答えます。




「ピアノ独奏曲」




ピアノを子供の頃から習っていた為か、
ピアノの音が一番耳に心地いいんですよね。

そんなんだから、CDを買うぞーっと決めると、
行き先はだいたいピアノ曲のコーナー。

で、どれがいいかなぁとあれこれ品定めをしています。


でも、最近。






弦楽の曲を聞くことが増えてきたような気がします。

以前だったら、ほとんど見向きもしなかった
弦楽器中心の曲がどんどんMP3データに増えてきてます。


例えば・・・。

ドヴォルザーク&チャイコフスキーの弦楽セレナードとか。
ベートーヴェンの交響曲全集とか。
レスピーギのローマ三部曲とか。
ヴィヴァルディの四季とか。


おそらく、この年になって、ようやく弦楽器の音のきれいさが
自分に合うようになってきたんだと思います。

この調子だと、まだまだ管弦楽の曲がiTunesライブラリに
増えていきそうです。






posted by zeroco at 2011/02/20 23:31:52 | Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。