2010年08月31日


導入出来たっぽい

Macintoshを使っていると、MP3データを作る時に
使うのは、「iTunes」というのが定番だと思います。

だけど、音質に難ありという話をきいて、
音質を上げられるなら、上げてみたいと思い始めました。

そこで、ちまちまと情報をネット検索で探しまわりました。

その結果。
どうもうまくいきそうな感じです♪


ちなみに、ことの始まりはこんな感じです。
 → 「MP3エンコーダー探しの旅?


とりあえず、確定しているのは、
「LAME」というものをインストールして使うこと。

MacではiTunesをメインで使っているので、「iTunes-LAME」という
プラグインが便利らしいです。

詳しい手順はこちら。
 →「MacでCDから、しかもiTunesで高音質なLameMP3を作成できる裏技ソフト「iTunes-LAME」

ただ、私が実際に作業した時には、「LAME 3.98」の
取り込みがうまくいかなかったので、このデータは
別のところから取ってきました。
 →「LAME binary for Mac OS X

ここまで出来たら、MacでLAMEを使えるようになります。
ただ、メニューバーにスクリプトを表示させて使えるらしいので、
そこまで出来るようにしたいです。

この手順については、こちら。
 →「iTunesのスクリプトメニューにiTunes-LAMEが表示されない件

これで、無事にLAMEでMP3データを作る環境が整いました。
やれやれ。
長かったぁ。。。。。。。

posted by zeroco at 2010/08/31 21:45:29 | Comment(0) | PC&INTERNET | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。