2009年10月04日


「沖縄の海を守りたい」

10月3日付朝日新聞の別刷り版の「be on Saturday」で連載されている
「song うたの旅人」というコーナーでCoccoさんの歌が紹介されています。

テーマは「沖縄の海」。

そして、選ばれた曲は、沖縄限定で発売され、その後
全国発売されたシングル曲です。


ジュゴンの見える丘

記事の題は
「沖縄の海を守りたい」 Cocco「ジュゴンの見える丘」


この曲は2007年9月に沖縄で発売され、
同年11月に全国で発売されました。

この曲が生まれたきっかけは、2007年6月21日、2匹のジュゴンが
大浦湾で泳いでいるのを琉球朝日放送のニュースで放送されたことです。

大浦湾の西側に、現在米軍基地の移設が行われようとしている
辺野古があります。

ここに基地が出来てしまえば、本当にジュゴンが戻ってこなくなる。
沖縄の海が完全に消えてなくなってしまう。

そういう気持ちを持って、基地反対を訴え続ける人々の活動を
記事では紹介しています。


沖縄の海とジュゴンがどれだけ密接につながっているか、
ジュゴンを守る為にどれだけたくさんの人が
力を尽くしているか、ということが綴られています。


一時期流行した「愛国心」という言葉。

あの言葉は、お国の言うことをきけっていうことじゃなく、
今現在身の回りに存在する全てのものに対して
愛情を注ぐことじゃないか、と思います。

そういう意味では、Coccoさんを始めとする、自然を残す為の
活動をしている人たちの行動こそ「愛国心」だと感じました。



「ジュゴンの見える丘」に関するエッセイが
この本に載っています。

想い事。
posted by zeroco at 2009/10/04 21:50:25 | Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。